学群と学類

日記

写真は入学式の様子です。建物の真ん中にある大階段と呼ばれる場所で、入学生が学群ごとに並んで記念撮影する様子はなかなか圧巻でした。

さて、宮城大学では今年から学部制ではなく学群制というシステムが導されています。この「学群」という聞きなれない言葉に最初は戸惑ったのですが、どうやら学生たちが学びたい学問領域を選択しやすい仕組みのようです。これまでは縦割りの一本道に近かった大学での学びのプロセスが、もっと自由になっていくイメージなのでしょうか。まだ始まったばかりなので、実感としてわからないところもありますが、可能性を感じる側面もあります。

ただ、1年生の段階では基盤教育がメインになるため、専門性のある教員とは若干距離があるかなという印象です。この辺りは課外活動も含めて、学生と教員の歩み寄りが必要になるのかもしれません。というわけでサークル顧問や勉強会開催など、距離を縮めるべく少しずつ始めています。

右の写真は.Movという映像制作サークルの面々がプロジェクションマッピングの現場を視察しているところ。2年生を中心としたメンバーはみんな積極的で、顧問を引き受けることになりました。

Related Posts

No results found

メニュー