メディア表現

日記

今期は「メディア表現」という講義を受け持ちました。メディアを用いた様々な表現を鑑賞を通して学ぶという内容で、表現に対する考え方に多様性をもたらし、視野を広げることが求められるものでした。これはメディア表現に関わりを持って仕事をしてきた私にとって、難題となりました。まず、これまでの経験から分かった「つもり」になっているものが多数あるということがありました。そしてなまじ知っているが故に、リサーチ内容にすんなり納得することができず、どんどん深掘りしていくため、まとめるのに時間がかかりすぎてしまうのです。

しかし、これはメディア表現を復習する良い機会と捉えて、毎日少しずつ準備を進めていきました。そしてこの授業を設計するにあたって以下の4つを重要視することにしました。

(1) 歴史 – 表現の誕生と今に続く普及のプロセス
(2) 社会との関連 – テクノロジーや社会背景が表現に与える影響
(3) 技 – メッセージを伝えるために技術がある
(4) 副作用 – マクルーハンのメディアテトラッドを軸に

また、良質で多様な作品群を、大量に鑑賞できるようにも心がけました。しかし、この作品のチョイスがまた難しいのです。講義時間は90分と限られていますから、毎週頭を悩ませました。外せない名作は押さえつつ、学生たちがこれまで見たこともないような作品に出会えるバランス調整が大変でした。

結果としてこの試行錯誤は、これまで私の中で散らかっていた理解や誤解を一つ一つ整理整頓する作業となったと思います。参考文献からキーワードを抽出し、要約やマインドマップで再構成する日々。改めて膨大な数の作品を見直しました。こうしてできた大きなメディア表現の「地図」から必要と思われる事柄を慎重にピックアップしていきます。面倒ではありましたが、学び多き準備過程となりました。頭の中のあちらこちら点在していた知識が、どんどん繋がっていく感覚。まさに冒険のような発見の連続となりました。

また今回はインフォグラフィックから3DのCGまで、なるべく図版をオリジナル制作しています。よりわかりやすい説明が統一感を持ってできるように、というのがきっかけですが、やはり図解することによって、情報構造が分解され関係性が明確になり、自分自身の中での理解度がよりいっそう深まるからです。

このような格闘の末、講義はあっという間に15回を終え、今、学生たちの提出した課題のレポートを読み込んでいます。反省点も多々ありますが、レポートの中には新しい視点を持つことができた(ように思われる)学生たちの声がちらほらあるのが救いです。オリジナルのプレゼンソフトを使用した進行や、Slackやアンケートなどを取り入れた双方向な座学のスタイルも新鮮だったようです。というわけで何とかメディア表現という講義を完了することができました。今回リサーチしてまとめたことは、このまま埋蔵せず、何らしかの形でまとめたいと考えています。

学生からの要望がありましたので、講義の中で鑑賞した作品リストをアップしておきます。(一部が欠けていたり、誤字脱字など含めて、完全な情報ではないことをご了承ください。ひとまず備忘録として記載します。)

牛乳を注ぐ女1657フェルメール
トルコ人1770
散歩、日傘をさす女1875モネ
ムーラン・ド・ラ・ギャレット1876ルノアール
キネトスコープ1891トーマス・エジソン
工場の出口1895リュミエール兄弟
モンマルトル通り1897カミーユ・ピサロ
アビニヨンの娘たち1907ルネ・マグリット
カーンワイラーの肖像1910ピカソ
エル・アヘドレシスタ1912レオナルド・トーレス・ケベード
国民の創生1915D・W・グリフィス
円の中に円1923カンディンスキー
シュルレアリスム宣言1924アンドレ・ブルトン
戦艦ポチョムキン1925セルゲイ・エイゼンシュテイン
The Jazz Siger1927アラン・クロスランド
蒸気船ウィリー1928ディズニー
恋人たち1928ルネ・マグリット
イメージの裏切り1929ルネ・マグリット
コンポジション2 赤、青、黄1930モンドリアン
記憶の固執1931サルバドール・ダリ
泣く女1937パブロ・ピカソ
泣く女1937パブロ・ピカソ
ゲルニカ1937パブロ・ピカソ
White Christmas1941ビング・クロスビー
The World's First TV Commercial1941Bulova
市民ケーン1941オーソン・ウェルズ
秋のリズム:ナンバー301950ジャクソン・ポロック
White CenterMark Rothko1950Mark Rothko
Royal Wedding1951スタンリー・ドーネン
Electronic Abstractions1951ベン・ラボスキー
雨に唄えば1952シーン・ケリー
オシロン401952ベン・F・ラポスキー
精工舎CM1953服部セイコー
ゴルコンダ1953ルネ・マグリット
七人の侍1954黒澤明
West Side Story1957ジェローム・ロビンズ、 ロバート・ワイズ
Let's get to the apartment1958ラディスラフ・リュヒマン
Tennis for Two1958ウィリアム・ヒギンボーサム
ベン・ハー1959ウィリアム・ワイラー
家電CMシリーズ1960ナショナル
勝手にしやがれ1960ゴダール
Orange, Red, Yellow1961マーク・ロスコ
マリリン・モンロー1962アンディ・ウォーホル
キャンベルのスープ缶1962アンディ・ウォーホル
Simulate of a Two-gyro Gravity-Gradient Attitude Control System1963AT&T
アルゴ探検隊の大冒険1963ドン・チャフェイ
大家族1963ルネ・マグリット
人の子1964ルネ・マグリット
世界大戦1964ルネ・マグリット
ヘアリボンの少女1965ロイ・リキテンシュタイン
Strawberry Fields Forever1967The Beatles
風雅の技法1967山田学/月尾嘉男
気狂いピエロ1967ゴダール
Powers of Ten1968Eames
エールチョコ1968森永製菓
ヒューマンフィギュア1968ウィリアム・フェッター
Kitten1968モスクワ大学
Cybernetic Serendipity1968ICA
2001年宇宙の旅1968スタンリー・キューブリック
丸善石油 Oh!モーレツ1969丸善ガソリン
Paik-Abe Synthesizer1969ナムジュン・パイク,阿部修也
Electronic Opera No.11969Nam June Pike
ビューティフル1970富士ゼロックス
PONG1972Atari
HALFTONE ANIMATION1972Edwin Catmull
Vertical Roll1972ジョアン・ジョナス
Three Transitions1973ピーター・キャンパス
TV Budda1974ナムジュン・パイク
Video Place1974マイロン・クルーガー
Jaws1975スティーヴン・スピルバーグ
Arabesque1975John Whitney
ぼくの哲学1975アンディ・ウォーホル
BreakOut1976Atari
Marshall McLuhan in Conversation with Mike McManus1977TVO
スペースインベーダー1978TAITO
Pacman1980ナムコ
シャイニング1980スタンリー・キューブリック
MTV First Broadcast1981MTV
ドンキーコング1981任天堂
Panasonic “Glider"1981Robert Abel & Associates
Thriller1982Michael Jackson
DIgDug1982ナムコ
TRON1982スティーブン・リズバーガー
ゼビウス1983ナムコ
19841984Apple
泳ぐ人1984スタジオ・アッズーロ
Take on me1985A-ha
Dancing in the Street Music1985David Bowie & Mick Jagger
スーパーマリオブラザーズ1985任天堂
HangOn1985セガ
Space Harrier1985セガ
UFOキャッチャー1985セガ
Japan Computer Graphics Lab1985JCGL
時間層II1985岩井俊雄
OutRun1986セガ
魔王1986グラハム・ワインブレン
鋼の涙1987マリー=ジョ・ラフォンテーヌ
X'MAS EXPRESS1988JR東海
Power Drift1988セガ
TinToy1988Pixar
レジブル・シティ1988Jeffrey Shaw
コイケヤ - スコーン1988佐藤雅彦
「24時間戦えますか」Regain1989三共
R3601990セガ
Portrait One1990リュック・クルシェーヌ
Black Or White1991Michael Jackson
StarBrade1991ナムコ
Terminator 21991ジェームズ・キャメロン
バートンフィンク1991コーエン兄弟
Virtual Museum1991Jeffrey Shaw
日清「ハングリー」シリーズ1992
星のカービィー1992任天堂
Interactive Plant Growing1992クリスタ・ソムラー/ロランミ・ノニョー
古橋悌二 S/N1992古橋悌二
Daytona USA1993セガ
VirtureFighter1993セガ
Jurassic Park1993セガ
押し花1993ジャン=ルイ・ボワシエ
The Golden Calf1994Jeffrey Shaw
Lovers1994古橋悌二
プリント倶楽部1995セガ
ToyStory1995Pixar
Virtual Insanity1997Jamiroquai
Hunter1997Bjork
Ever is Over All1997ピピロッティ・リスト
CAVEの共同[形]成1997Jeffrey Shaw
Landscape One1997リュック・クルシェーヌ
Memory Theater VR1997アグネス・ヘゲドゥシュ
MUSIC PLAYS IMAGES X IMAGES PLAY MUSIC1997岩井俊雄
Think Different1997Apple
Let Forever Be1999The Chemical Brothers
Coffee And TV1999Blur
Surfer1999Guinnes
Wooden Mirror1999Daniel Rozin
Mega Death1999宮島達男
Handsight1999アグネス・ヘゲドゥシュ
映像装置としてのピアノ1999岩井俊雄
Come Into My World2001Kylie Minogue
ホットペッパー「アフレコ」シリーズ2001
太鼓の達人 Namco2001ナムコ
Odyseey2002Levi's
燃焼系アミノ式2003
Singin' in the Rain2005Volkswagen TV Commercial
Where are you?2005リュック・クルシェーヌ
YAMAHA TENORI-ON2005岩井俊雄
BRAVIA - Balls2005Sony
D.A.N.C.E.2007Justice
Mountain2007PlayStation2
DanmatsuMouse2007エキソニモ
Bombay Sapphire - Drift2007PSYOP
Smarienberg - Smirnoff Commercial2007Michel Gondry
Aero - Face2007PSYOP
サントリー BOSS SILKYBLACK 第一楽章2008
The Foley Artist Los Angeles Times2008
絵本「100かいだて」シリーズ2008岩井俊雄
MTV HD Crow2008PSYOP
Coke - Happiness Factory2008PSYOP
任天堂 エレクトロプランクトン2009岩井俊雄
Birdemic2010James Nguyen
THERAPY2010group inou
TRON Legacy2010
10番目の感傷(点・線・面)2010クワクボリョウタ
LION 120周年 企業CM タイムスリップ家族2011LION
九州新幹線 開通2011
tele-present water2011David Bowen
シリフリン2011クワクボリョウタ
polar m [mirrored]2011カールステン・ニコライ
Katachi2012Shugo Tokumaru
Life of Pie2012
Kubrick One-Point Perspective2012kogonada
Happy2013Pharrell Williams
Zoff 「Tokyo Pop Zoff Running」2013
Honda Hands2013Honda
Designed by Apple2013Apple
85 Seconds2013Getty Image
Robot x Dancers x Lasers2013真鍋大度
Perfume: Cannes Lions International Festival of Creativity2013真鍋大度
Save me by2014IRMA
Happy We Are From Miyagi2014
恋するフォーチュンクッキー2014AKB48
Wheelchair Basketball2014Guiness
Feast2014Pixar
Body Paint2014エキソニモ
unicolor2014カールステン・ニコライ
Up&Up2015Coldplay
Makeba2015Jain
Wide Open2015The Chemical Brothers
High School Girl メーク女子高生のヒミツ2015
桃太郎シリーズ2015ペプシ
Amazin in Motion2015LEXUS
Splatoon2015任天堂
87th Oscars Opening Performance2015
マッハ!無限大2015プラッチャヤー・ピンゲーオ、 パンナー・リットグライ
the planck universe [micro]2015池田亮司
Because I'm Me2016The Avalanches
That’s What I Like2016Bruno Mars
JAPANESE BOY2016Takeshi Nakatsuka
A Life is Beautiful2016amazarashi
RUN and RUN2016lyrical school
sayonara complex2016CHAI
Music Video2016岡崎体育
Endless Possibilities2016Getty Images
Definition of Japanese Kawaii2016marukome
人食いの大鷲トリコ2016ソニー
Ambala2016Bollywood
reflektor distortion
2016カールステン・ニコライ
Border2016真鍋大度
サーティワンアイスクリーム チャレンジ2017ジャニーズWEST
マウスダンス 齋藤飛鳥篇2017乃木坂46
VEZEL「世界ヴェゼル」篇2017
重力猫『GRAVITY CAT 重力的眩暈子猫編』2017GRAVITY DAZE
ポカリガチダンス 結果発表篇2017ポカリスエット
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド2017任天堂
グランツーリスモSport2017ソニー
徳島県文化の森2017チームラボ
Campbell's Well Yes2017ManvsMachine
Nike ~ Air Max2017ManvsMachine

Related Posts

No results found

メニュー