Illustrator 描画の基本

Illustrator
基本図形の描画

Illustratorには円や四角形など基本的な図形を簡単に描けるツールがあります。まずはこれらのツールを使って操作に慣れていくのが良いでしょう。Shiftキーを押しながら描くと正方の図形を描け、Option[Alt]キーを押しながらだと、中心点からの描画になります。

シェイプ、線、カラーを使った描画

曲線の描画

ペンツールを使うとベジェと呼ばれる曲線を描くことができます。この曲線はアンカーポイントとハンドルによって構成されており、とても滑らかで美しい曲線を描けます。この曲線を使いこなすことが、Illustratorの活用のポイントになってくるでしょう。アンカーポイントツールなどを使って、ハンドルを引き出したり折り曲げたりすることによって、多様な表現が可能となります。

ペンツールで描くベジェ曲線をマスターする

文字の描画

Illustratorではイラスト作成だけでなく、本格的な文書を作成することができます。そのためテキストの描画機能も豊富で、文字間や行間を細かく設定が可能です。特にエリア内文字や縦書きなどは印刷物を作る際は必須の機能となってくるでしょう。またテキストを選んだ状態で「書式メニュー>アウトラインを作成」を選択すると、文字データが曲線に変換され、図形として扱えるようになります(元には戻せないので注意が必要)

目を引く文字デザインの作成方法:初級編

選択と移動

描いた図形を移動するには「選択ツール」を使用します。選択ツールで図形をクリックすると図形が選択された状態になり、そのままドラッグすると図形が移動されます。「ダイレクト選択ツール」は図形を構成するアンカーポイントを選択するためのツールです。ハンドルを調整することもできるので、詳細な形の調整の際に使用します。

なおどちらの選択ツールも、図形のない場所からドラッグをして複数の図形を選択することが可能です。

回転・拡大縮小・反転

図形を変形させるためのツールとしてよく使われるのは「回転」「拡大・縮小」「リフレクト(対称)」でしょう。どのツールも最初に原点をクリックして指定してからドラッグで変形となります。ドラッグする際にShiftキーを押していると回転角度が限定されたり、縦横比を固定した拡大縮小が行われるので便利です。さらに正確な変形が必要な際は、原点を決める際にOption(Alt)キーを押しながらクリックしてみましょう。数値入力のダイアログが表示されます。

Related Posts

No results found

メニュー