写真から奥行き情報を分析して3Dデータ化することで、あたかもカメラが動いているようなアニメーションを実現しました。カメラマッピングという手法です。
メニュー