鹿野研究室 卒業研究

アンビエント映像による情報提示

環境との調和を考慮したデジタルサイネージ
AQUA WALL
我妻美臣
2014
東北工業大学
2014サイネージ

研究概要

人や音に反応するゆったりとした映像が映されるサイネージをホテルのエントランスやオフィスの休憩室、くつろぐ空間の中に投影する。その中で、偶然に居合わせた人達が、映像を通して楽しいひとときや、癒し、休息を共有できるものを目標とする。また、ゆっくりと映し出される情報の中で漂うように出てくる文字で、自然に情報をキャッチする事で、生活のちょっとした役立ちにしてもらう事を目的とする。

広告での用途が大半なため、派手なビジュアルや、にぎやかな文字を多く使用している事が多い。最近では顔認識技術により、性別や年齢を瞬時に判断し、見る人に合った映像を瞬時に生成され、視聴者に最適なアイテムを表示させることが可能なものや、携帯電話との情報の連携などが実現されつつある。こうした情報伝達はインパクトが優先されるため、広告として目立つようなものは数多くあるが、普段の生活の中や環境になじんだものは少なく、生活のノイズになっているような例もある。

広告での用途が大半なため、派手なビジュアルや、にぎやかな文字を多く使用している事が多い。最近では顔認識技術により、性別や年齢を瞬時に判断し、見る人に合った映像を瞬時に生成され、視聴者に最適なアイテムを表示させることが可能なものや、携帯電話との情報の連携などが実現されつつある。こうした情報伝達はインパクトが優先されるため、広告として目立つようなものは数多くあるが、普段の生活の中や環境になじんだものは少なく、生活のノイズになっているような例もある。

教員からのコメント

役立つ情報を自然に伝えるための、体験型の電子看板。生活を邪魔せずに、楽しさや心地よさを提供するための工夫がされています。

ProcessingによるプログラムとKinectのセンサーを用いて、実際に体験できるインタラクティブな展示作品として完成させました。

メニュー