鹿野研究室 卒業研究

スマートウォッチのUI提案

腕時計型デバイス向け音楽アプリのデザイン
菊田悟
2014
東北工業大学
2014UI音楽

研究概要

腕時計型デバイスとは体に身につけるウェアラブル端末の中で、時計を踏襲した機能を備えた端末である。現在発表されているApplewatch,Androidwareには独自のOSが搭載されており、様々なアプリケーションを使用することができる。腕時計としての伝統やファッション性から丸型のデバイスも登場している。現状ではスマートフォンの子機としての位置付けの製品が多く、製品単体で全機能を使えるものが少ない。

本研究の目的

・音楽をより身近に感じることを目標とし、腕に装着できることや体温や脈拍数、腕の動きをデータをとして取り込める腕時計型端末に注目した。
・普段、携帯型音楽プレーヤーで音楽を聴いている人を対象に、一人で使用することを前提として、ビジュアライザーなどを用いて生活の様々な場面で音楽に入り込めることを考える。

教員からのコメント

音楽をより身近にするためのユーザーインターフェイスのデザイン。今後普及するであろう腕時計型を想定しているのがポイント。身につけることや、小さな画面ならではの様々な工夫がされています。

メニュー