鹿野研究室 卒業研究

スリルの先にあるもの

達成感を重視したゲームバランスのデザイン
老川裕也
2015
東北工業大学
2015ゲーム

研究概要

流行するゲームには、共通してゲームバランスが良いという側面がある。ゲームバランスは難易度やそれに見合った報酬、キャラクターの特性等が該当する。それが適していなければ長くプレイはされない。その適したバランスが分かれば継続性等の問題が解決出来るのではないかと考えた。そこで、より大画面で多くの操作性を実現でき、且つより臨場感を味わえる様、PCでプレイできるゲームを制作した。

教員からのコメント

メニュー