鹿野研究室 卒業研究

枕草子を体験するインタラクティブ絵本

平安時代の「をかし」を今に生かす
佐藤彩美
2016
東北工業大学
2016インスタレーション

研究概要

平安時代に誕生した文学である枕草子の日常生活の「もの」「こと」に対して鋭い感覚で捉える感性を本作品を通して理解してもらう。そして、生活の中で今まで意識していなかったことに目を向けてもらい、新しい発見を得てもらいたい。したがって今回は枕草子の世界観を理解してもらうべく電子書籍とインテリアプロジェクターの組み合わせで文学の世界を体感できるメディアの作成を行う。

教員からのコメント

メニュー