鹿野研究室 卒業研究

楽器のようなテーブル

子供が演奏できる遊具の提案
齋藤勇樹
2016
東北工業大学
2016

研究概要

今回制作したのは、叩いて遊ぶテーブル型の楽器である。テーブルには映像が投影されており、ユーザーの操作に反応して表現が変化する。この楽器の実現のために、独自のセンシング技術の開発、音とビジュアルのデザイン、天井からの映像投影システムを制作した。

教員からのコメント

メニュー