place
チュートリアル名

raft

person
対象者

東北芸術工科大学の学生。学科問わず。
CGに興味のある方、院生、芸術学部も歓迎!
他大学でもご希望の方はメールにてご連絡ください。

place
場所

鹿野研究室またはオンライン

calendar_today
日程

毎月一回の情報共有会 + 勉強会は要望に応えて随時開催

sms
内容

表現の相談・雑談会/CGツール講習/共同プロジェクトの促進

sms
連絡先

Teamsチャット (気軽に連絡ください)
他大学の方はメールにてご連絡ください。

興味のある方は気軽に説明会にお越しください。なお開催場所の連絡や人数把握のために、参加希望の方は下記フォームから登録をお願いします。

第1回 説明会 5/16(月) 17:15 [終了しました]
第2回 説明会 6/1(水) 17:15

開催場所:F棟 1F K室 CGルーム

領域を越えよう!

「raft」は東北芸術工科大学のチュートリアルです。3DCGやプログラミングを多様な表現の道具として活用することが目的。デザイン工学部と芸術学部の学生達が、お互いの専門領域を超えて、新しい表現を語らい、挑戦する場になればと考えています。

CGは既に様々な領域で活用されています。映画やアニメ、ゲームは代表的な例ですが、芸術や科学の分野でも欠かせない表現技法の一つとなっています。このチュートリアルでは、未だ専門的な領域内に閉じ込められているCG、学生達の身近な画材として解放します。

新しい表現に挑戦しよう!

テクノロジーの進歩により、3DCGはより手軽で、誰もが簡単に始められる表現となりました。ほとんどの3DCGツールには、無償で使用できる学生版が用意され、最新鋭のインタラクティブ表現を可能とするゲームエンジンなども導入しやすい時代になりました。

こうした状況を最大限活用し、絵画や造形、デザインや文学など、様々な表現を志向する学生がCGを体験し、習得し、自身の表現に画材にできる場が必要だと考えています。raftはこうした想いから始まりました。さあ、皆で、見たことのない表現を模索しましょう。

キーワード

#3DCG #ゲーム #ゲームエンジン #UnrealEngine5 #BluePrint #Blender #Cinema4D #p5js #HTML #CSS #JaveScript #PHP #AfterEffects #RealSense #オープンワールド #機械学習 #MetaHuman #Landscape #Lumen #メディアアート #インスタレーション

メニュー